ブライダルインナーで体型補正|魅力的なくびれで着こなすドレス

ウェディング

お呼ばれマナーの大切さ

ドレス

ふさわしい装い

結婚式のゲストとしてのマナーは、いろいろな準備をする上でも覚えておく必要があります。一番気になるのが、ゲストドレスという人は多いようです。何度も機会を経験しているなら、そう悩むことはないでしょう。結婚式のゲストとしてのご招待は、友人の結婚式が一番多いのです。特に初めての場合はゲストドレス選びにも慣れていないので、気をつけなければなりません。ゲストドレスにはマナーというものがあります。自分が着たいドレスだからというだけでは選択できないのです。結婚式のゲストドレスにはふさわしい理由があるので、それを知っておきましょう。ゲストドレスは、友人の数だけ必要と言ってもいいでしょう。その都度新調するのは費用もかかるので、レンタルの利用がおすすめです。

マナーの心得

結婚式のゲストドレスのマナーは一度知っておけば、覚えられるものです。ゲストドレスはそのドレスの色、デザインなどは注意する要素として重要です。色の場合は新婦と同じ白は避けることです。また、新婦のお色直しのドレスカラーも事前に確認して、同じ色や柄は避けるべきです。その他、黒は不祝儀の色なので、靴やバッグなどを華やかな色合いにすることを忘れずにしたいものです。結婚式の時間帯によっては、肌は露出しないほうがいいこともあります。夕方以降の結婚式では、イブニングドレスのように多少露出する方が、よりフォーマルだと言われています。その場合も羽織りものは欠かさないようにしましょう。ゲストドレスのイメージが決まったら、思い通りのドレスが用意できるように、早めのレンタル予約を心掛けましょう。